Home

格安スマホを中古スマホで運用する方法

格安スマホといえば基本料金の安いSIMサービスに乗り換える事だと思っている人も多いでしょうが、中古のスマホを購入して利用することでもっとお得に利用することが可能なんです。今回は中古スマホでの格安SIMの運用についてまとめています。

格安スマホが欲しいなら中古スマホがお薦めです

今や携帯電話は、生活必需品の一つと言えます。どこに行くにしても、例え財布を忘れる事はあっても、携帯は忘れないという人も多いはずです。特にスマホは、日本人口の2人に1人が使用しています。

なぜならスマホは電話機能だけではなく、インターネットが気軽に楽しむ事が出来ますので、どこにいても自分の知りたい情報をすぐに調べる事が出来るからです。また、携帯キャリアが違うと通話料金が発生する為に、SNSアプリを使用して友達とコミュニケーションが出来るもスマホの魅力です。

しかし、毎月の携帯代が高くて悩んでいるという人も多いと思います。その様な方におすすめなのが、格安スマホです。格安スマホとは、中古スマホにMVNOのsimを入れて使うスマホの事です。月々の携帯代は今までの3分の1です。

この格安スマホの魅力は、月々の携帯代が安くなるだけでなく、海外に旅行に行った際に、現地のsimを使う事で、非常に安い通話料で日本へ電話をしたり、安い料金でインターネットに接続する事が出来ます。

もし、日本の携帯電話を海外に持って行って使用するならば、一日で何万円も請求が来る事になります。中古スマホは、インターネットオークションや、リサイクルショップに行けば購入出来ます。たくさんの機種が売られていますので、好きな機種を選ぶと良いでしょう。

格安スマホに機種変更するメリット

現在、格安スマホが話題になっています。一般的な大手のキャリアと比較すると通信料、基本使用量が非常に安いので、利用者はどんどん増えています。そのため、格安スマホに乗り換える人も少なくありません。

格安スマホに機種変更するメリットは、まず、先述の通り料金が安くなること。これは、大手キャリアのスマホの利用料と比べると、半分から4分の1程度まで安くなります。さらに、大手のキャリアのプランよりも容量の区分が細かく、自分にあったプランを利用することができます。

そのため、毎月の無駄を極限まで削り取ることができます。また、2年契約の縛りがないことも一つのメリットでしょう。もし、現在使っているプランが気に入らなかったり、さらにやすいものが登場すれば、違約金なしですぐに機種変更することができます。

また、simフリーのスマホが多いので、わざわざ新しく機種を買わなくても、simの購入のみで済みます。また、差し替えるだけで海外でも簡単に利用することが可能です。スロットが二つあるタイプのものも存在します。あらに、格安スマホはのパケット通信は基本的にdocomoの回線を利用しているので、通信速度もさほど変わりません。

安価にスマートフォンを使える格安スマホ

スマートフォンを使う際には、大手キャリアで契約を行なうのが一般的ですが、その他にも、格安simや格安スマホといった選択肢が増えています。格安スマホは、格安simとSIMフリースマートフォンをセット販売している商品ですので、スマートフォンを安く入手したい人であれば、便利な商品であると言えます。

取り扱っている機種は、徐々に広がっており、国内外でシリーズ展開されている機種が中心に販売されていますので、消費者の用途に応えられるだけの性能を持っています。契約出来るプランは、格安スマホを提供している企業によって大きく異なっており、容量別にプランが設定されていますので、ユーザーのニーズに合ったプランを選択するのが良いでしょう。

最も安いプランでも、月1000円前後で3GBまでフルスピードで使えるものがありますので、無料通話アプリやSNSや電話・メール・サイト閲覧などが中心であれば、最安プランで十分に間に合います。

格安スマホは、キャリア製のスマートフォンよりも安く使えるというメリットが大きく、ミドルレンジの端末を購入出来ますので、一台目の端末としても、二台目以降の端末としても重宝します。MNPも可能になっているMVNOがありますので、比較検討をして最適な業者のサービスを使うのがお得です。

格安スマホのおサイフケータイ機能について

格安スマホは契約プランによってはおサイフケータイ機能を利用することができるものがあるので、利用したい場合にはNTT系列のmvnoを利用すると使えるプランがあります。その他の格安スマホ事業者の場合には取り扱いをしている機種によって違うので手続きをするときに使えるのかどうかを聞いておく必要があります。

中古スマートフォンを購入してsimだけを契約する場合にはおサイフケータイ機能が搭載されているスマートフォンを選択する必要があるので、事前に使えるのかを調べておかなければなりません。

携帯電話の場合は比較的多くの機種でこの機能を利用することができるのですが、iPhoneの場合は使用できない可能性があります。iPhoneは中古販売をすることが現在は難しいのであまり入手することはできませんが、タブレット型の場合は中古で販売されているものがありますが、高額なので新品を購入したほうが良い場合もあります。

基本的にシムロック解除をしていない機種が多いので、シムフリーかどうかを確認してから購入しないと格安スマホで契約をしたsimを利用することができない場合があります。また格安スマホの販売店でも最新機種を取り揃えているので、購入することができます。

格安スマホはオークションで手に入れます

現在ではキャリアに契約するために、本体が必要ですが、以前とは違い高額になっています。二年契約で割引はされますが、解約は出来ませんし、一括料金で支払うとなれば、数万円の出費になってしまいます。

ここまで高額な理由は、スマートフォンの性能があがり、コストが圧倒的に高くなったためです。以前までの契約内容だと、通信料で元を取り、本体が無料ということもありました。現在では、旧機種でもそれなりの料金がします。

そこで、simフリーの機種を手に入れる事で、本体を安く契約させる事ができます。どこで見つけるかと言うと、オークションです。フリーの機種がたくさん出品されており、どなたでも購入することができます。格安スマホとも言われていますが、安価で購入してキャリアと契約する事で、本体の分割料金をなくす事で、月々の支払いを抑えることができます。

ですが、格安スマホもメリットばかりではなく、デメリットもあります。一部の機種では、キャリアと契約できない場合があります。白ロムと言われるものが主ですが、しっかり調べて購入してください。ジャンク品などにも気をつけましょう。起動確認などが行われているものから選ぶ事で、危険を回避することができます。

格安スマホとしても提供され始めたXPERIA

電話や電子マネーだけでなく、インターネットも利用出来るスマートフォンは、消費者にとって必需品となっています。XPERIAは、国内外で人気の高いスマートフォンであり、多くの人々が利用しています。

従来、大手キャリアで販売されていたり、SIMフリー端末として販売されていたり、Wi-Fiモデルとして販売されていましたが、最近、格安スマホ版のXPERIA端末が販売されています。格安simとセット販売する事で、格安で利用でき、端末を入手出来るようになっています。

格安スマホを使う場合には、選択肢が増えていますので、ユーザーの好みの機種で選択しても良いでしょう。今までキャリアで販売されてきたモデルと同等の性能を持っていますので、普段の利用には十分な性能を持っています。

格安スマホ版のXPERIAで契約出来る回線プランは、容量別に異なっていますので、ユーザーがインターネット接続をして、どれくらいオンラインサービスを使うのかによって選択するプランが変わってくるでしょう。

格安スマホ版XPERIAは、カメラ機能やおサイフケータイなどの機能も搭載していますので、非常に強力な機能を持っています。多くのユーザーのニーズに合った機能を提供する事が可能です。

simに互換性のある格安スマホを選ぶ

スマートフォンを使いたいと考えている人々にとって、現在、色々な選択肢が増えています。キャリアで購入出来るスマートフォンは、回線契約を行なう必要がありますが、大手家電量販店やモバイルショップやオンラインショップなどで買えるSIMフリースマートフォンは、いつでも買うことができます。

対応しているsimであれば、キャリアで提供されている物でも、MVNOで提供されている物でも使う事が出来ます。また、MVNOでは、端末メーカーと組んで、SIMフリースマートフォンと格安simをセットにして、格安スマホとして販売しています。

キャリアのモバイル回線と互換性がありますので、格安スマホでは、セット販売されている格安SIM以外にも、キャリアのSIMも利用出来ます。デュアルSIM対応のスマートフォンであれば、2枚のSIMを挿入して、端末側で入れ替えて使い分けるといった方法を利用出来るようになります。

格安スマホを購入すれば、選択したプランによって、キャリアのプランで提供されているサービス並の事が出来ます。音声通話プランを導入すれば、電話を掛け放題に出来ますので、通話が多い人には役立つプランとなっています。高速データ通信は、プラン毎に定められた容量まで行えます。

Author:admin